FXの様々な注文方法

最近、FXを始める人が多くなっているそうです。というのは、FXには多くの魅力があるということからです。

FXの基本的な注文方法は、売りと買いのいずれかを注文するものです。このほか、自動的に売りも買いも注文することもできます。

どの注文方法が自分に適しているか知るためには、注文方法について抑えておきましょう。

■基本の注文方法

・成行注文(なりゆきちゅうもん)
取引したい通貨ペアと数量を指定して手動で注文します。為替レートはその時点のものになります。

・指値/リミット注文
指定しておいた為替レートになったタイミングで、自動的に売りまたは買いを行います。

・逆指値/ストップ注文
指定しておいた為替レートになったタイミングで、自動的に売りまたは買いを行います。指定するレートは、現在のものよりも不利なレートとします。現状での判断を避け、相場の流れを見て取引をしたい時に用います。このような自動売買はまだというか、これからもどうかわかりませんが、海外投資情報が満載のバイナリーオプションでは実現があまりできていないところです。このあたりが未だにFXの方が相対的に人気がある理由なのかもしれません。ハイアンドロー.net

■自動売買による注文方法

・IFD注文(イフダンちゅうもん)
※IFD=If Done order
新規注文と決済注文をワンセットにして行う注文です。新規の注文が成立すれば、それを決済する注文も有効となります。

例えば、あらかじめ、買い注文時と売り注文時の為替レートを各々設定しておけば、前者のレートになった時に自動的に買い注文が入り、後者のレートになった時に自動的に決済する、というような注文です。

取引画面を確認する時間がない時でも、一旦注文を入れておけば、買いと売り(あるいは売りと買い)をまとめて指定できるので便利です。

利益を確定させたい時には指値、損失を増やしたくない時には逆指値を使うと有効です。

・OCO注文(オーシーオーちゅうもん)
※OCO=One Cancels the Other order
二通りの売買注文を出しておく方法です。片方が成立すれば、片方はキャンセルとなります。

相場の変動の予測が難しい時などに、指値注文と逆指値注文を同時に出すなどとして用います。この場合、前者の注文ではさらなる利益の獲得を、後者の注文では最低限の利益のキープを目的としています。

また、OCO注文は、新規注文と決済注文のいずれにおいても使用できます。

・IFDO注文(イフダンオーシーオーちゅうもん)
※IFDO=If Done order + One Cancels the Other order

IFO注文ともいい、IFD注文とOCO注文の両方の要素を合わせることで、最初から決済までのすべての注文を自動売買で行うことができる注文方法です。

新規注文と決済注文を同時に行え、決済注文では指値注文(利益の確定のための注文)と逆指値注文(損失を抑えるための注文)の二通りの注文を出すことが可能です。

特徴1

株式投資等を行っている方は、買うタイミングを自分でよく考えて買い、売りたくなったタイミングで売ると思います。

特徴2

メタトレーダーのシステムトレードでは、この売ったり買ったりのタイミングを決定することをシステムに任せるのです。

特徴3

個人の感情を全くはさまないで取引を行うことが可能です。また、裁量で売ったり買ったりすることもできます。