デイトレードとスイングトレード

最近、FXを始める人が多くなっているそうです。それにそって初めてもどんどん出現してきました、たしかにFXには多くの魅力があるのでそうなるのかなあとも思います。

取引スタイルは、一般的に「デイトレード」、「スイングトレード」、そしてポジショントレード」の3つに分けることができます。

これはそのポジションをどれくらいの期間とるのかによって分けられています。デイトレードは、1日の中で行うトレードスタイルのことを言います。こちらでのデイトレ率はすごい高いと言われています。

つまり新規の注文と決済の注文を1日の中で行なってしまうことです。それに対してスイングトレードは、数日以内に決済するトレードスタイルのことを言います。そしてポジショントレードは、数週間から数カ月という比較的長いスパンで、中長期の相場の動きを置きながら売買するスタイルです。

デイトレードは、比較的大きな取引を小さな値幅で、一日の中で繰り返しながら利益を狙う一方、ポジショントレードは、比較的大きな値幅の動きを狙うために、狙う収益の額も大きくなります。スイングトレードはその中間と言った位置づけになります。しかし実際には、特にスイングトレードとポジショントレードの間に、期間などの明確な定義は存在しません。

デイトレードのメリットは、その日のうちに取引を完結させるために、取引時間後に発生するリスクを回避できることになります。仮に取引時間外に、相場の急落や急騰があったとしても、ポジョションを持っていないので、直接的な影響を受けることがないのです。

相場が自分の都合に良い方にも悪い方に動こうとも、自分のコントロール下での取引のみを行うのがデイトレードになります。

しかし一言でデイトレーダーといっても、そのトレードスタイルは様々です。寄り付きで買って、引けで売る人もいれば、前場なら前場、後場なら後場のなかで取引を完結させるように、一日よりもっと短い時間で取引を行う人もいます。

デイトレードは一般的に取引量を大きくして、小さい値幅で利益を出すという考え方になります。

デイトレードの場合はこれまで述べたように、日中の取引時間内に、積極的に売買を繰り返しますから、その間は取引に集中することになります。したがって会社員などには不向きというよりも、事実上不可能なトレードスタイルです。ここから解説も見てみましょう。

スイングトレードは、元は短期的な相場のトレンドに合わせて取引をするスタイルのことでしたが、最近は2日~1週間程度の期間で取引を行うスタイルのことを言うようになりました。

しかし基本的なトレードスタイルの考え方としては、短期的な相場のトレンドに合わせて利益を狙うと言う点では変わりありません。もちろんこれらのトレードスタイルを組み合わせてFXランキングをして、そして運用している人も多くいます。



特徴1

株式投資等を行っている方は、買うタイミングを自分でよく考えて買い、売りたくなったタイミングで売ると思います。

特徴2

メタトレーダーのシステムトレードでは、この売ったり買ったりのタイミングを決定することをシステムに任せるのです。

特徴3

個人の感情を全くはさまないで取引を行うことが可能です。また、裁量で売ったり買ったりすることもできます。